ブログ

家庭のリサイクルゴミについて

はてなブックマーク - 家庭のリサイクルゴミについて
Pocket
LINEで送る

ゴミ問題、いつになっても解決出来ないでいる日本と思います。
それでも昭和の時代、それも戦後の頃を振り返ってみると、かなり綺麗になった日本の国と思います。
生産が順調に伸びることで、国民の生活も豊かになって来た昭和30年代から40年代は、格別ゴミ問題が話題になることもなかったように思えるのです。
そこには、まだ環境に対する考えは、大工場だけに向いていて、個人の消費にはまだ関心が薄い時代だったと考えられるのです。
そんな日本が、環境を意識し始めたのが、スモックなる現象が表れて、東京の街などは晴れた日がなくなったしまったことからと思うのです。
自動車社会の急速な発達、工場のばい煙問題が、うるさく言われ始めた時でもあったと思うのです。
同様にゴミを捨てる場所に苦労していた自治体も、ばい煙の出ない環境にやさしいゴミ焼却炉などを設置することで、環境問題に取り組んで来たのでした。
そして問題は、裕福になった個人消費から来るゴミの始末でした。
焼却や埋め立てだけでは、とても追いつかない状態になってしまったのです。
そんなことから、使えるゴミは再度使えるようにして、コストダウンを計るように施策が取られるようになった日本でした。
これが順調に働くことで、無駄をなくす日本が生まれて来たのです。
今では当たり前のようになっている、雑誌のリサクル。
ペットボトルなどのリサイクルなどは、誰もが知ることになっているのです。
しかし、家庭から出るゴミが全て順調に出ているわけではないのです。
家庭には、使われなくなった不用品が山と積まれている可能性も十分に考えられるのでした。
ビデオ、ビデオデッキ、ステレオなども音響機材、ひょっとするとアナログテレビもそのまま置かれている家庭も多くあるのではないでしょうか。
そんな余分な物を持っておくことは、全くの不都合と思います。
置いてあってもなんの得にもならないのです。
早くリサイクルに出してしまうことをお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


* * * * * * * *

新着情報







福岡・博多・北九州市を中心に不用品を出張買取するリサイクルショップ│福岡リサイクルジャパン
ページ上部へ戻る